身体に嬉しい効果|マヌカハニーの効能などを知って健康に役立てよう

マヌカハニーの効果と間違った摂取方法とは

身体に嬉しい効果

レディ

花粉症に効果がある

腸内環境が良いと花粉症に掛かりにくい、もしくは症状が軽くなります。マヌカハニーには腸内環境を良くするビフィズス菌などが含まれていることから、花粉症に効果があると言われています。実際マヌカハニーを食べるようになってから花粉症が改善されたという声があります。花粉症対策や予防のために、マヌカハニーを食べてみるといいでしょう。

虫歯等の口内トラブルにも効果アリ

甘いマヌカハニーですが、実は虫歯などの口内トラブルの改善にも効果があります。元々マヌカハニーには殺菌作用が高いということも関係しているのでしょう。実際、外国ではマヌカハニーを使った口内トラブルの解決の実験を行っていて、虫歯の原因である菌を減少させることに成功しています。

炎症の抑制

マヌカハニーにはシリング酸メチルという抗酸化物質が含まれていて、これは炎症に効果のある働きを持っています。花粉症や虫歯同様に治療実験を行った結果、のどの痛みや鼻づまりにマヌカハニーは効果がありました。そのため、風邪予防などに取り入れるといいですね。

正しく摂取できるようにしよう

上記で紹介している三点だけでなく、インフルエンザ対策などにもマヌカハニーは役立てられています。しかし、効果を発揮させるためには、正しい方法でマヌカハニーを摂取する必要があります。また、間違った方法についても知っておいたほうがいいでしょう。そうすることで気を付けて摂取することができます。

マヌカハニー摂取の注意点ベスト5

no.1

食べ過ぎ

健康に良い成分が含まれているからと言っても、マヌカハニーも他のものと同じように食べ過ぎはいけません。食べすぎてしまうと血糖値の上昇や高血圧などの原因になりかねないからです。マヌカハニーは1日に小さじ3杯から4杯が適量になっているので、それ以上は食べないようにしましょう。

no.2

金属のスプーンなどの使用

実はマヌカハニーは金属のスプーンなどを使って食べないようにしたほうが良いのです。なぜかというと、金属によってマヌカハニーの働きが低下してしまうことがあるからです。効果が低下することによって、殺菌作用にも影響が出てきます。食べる際には木製のスプーンなどを使いましょう。

no.3

赤ちゃんに食べさせる

実はマヌカハニーも蜂蜜と同じように、赤ちゃんには食べさせてはいけないものなのです。マヌカハニーにも幼児ボツリヌス症を発症してしまう恐れがあるからです。幼児ボツリヌス症は呼吸器だけでなく神経にも影響が出るので、絶対にマヌカハニーも赤ちゃんには与えないでください。

no.4

加熱する

蜂蜜を加熱すると毒になるという話ですが、これはマヌカハニーにも言えることです。といっても体に影響が出るほどのものではありません。しかし、熱してしまうことでマヌカハニーが持っている働きの効果がなくなってしまうから注意が必要なのです。

no.5

偽物を選ばない

マヌカハニーの生産国はニュージーランドなのですが、商品の説明を見てみるとニュージーランド以外の国が記載されていることがあります。これは偽物です。偽物のマヌカハニーには何が含まれているかわからないので、商品説明をしっかり確認して、本物のマヌカハニーを選ぶようにしましょう。

広告募集中