ナイトワークで最もお店から嫌がられる条件は?

キャバクラやラウンジのバイトにおいて実は、見落としがちなことがあります。

それは終電あがりを望むと、お店さがしがいっきに厳しくなるということです。

採用材料としても大きなマイナスポイントになり、終電あがりを希望しただけで落とされるなんてことは大いにしてありえるのです。

ですが終電あがりという条件を希望する方は非常に多く、つまりは、多くの女性が終電あがりの条件を満たしたバイト先を見つけることに苦労しているということにつながっているのです。

ナイトワークでもっとも厳しいとされる条件?

終電あがりはキャバクラやラウンジ、クラブといったナイトワークにおいてもっともお店から好まれない条件とされています。

その理由は、一番の繁忙期の時間帯であるからです。

お客様が混み合いもっとも人手が必要とされる時間ですので、終電の時間帯であるよ23時、24時あたりに帰ってしまうキャストは必要とされないのです。

ナイトワークのバイトさがしにおいてキーワード条件として取り上げられがちな「高時給」「日払い」「ノルマなし」「自由出勤」「高歩合」「私服勤務」、、。

そんな数あるキーワード条件のなかでもっとも厳しいとされるのが実は終電あがりなのです。

ですが朝イチから授業があるという学生の方、朝の出勤が早いというOLの方など、終電でナイトワークのバイトを終えて帰りたいという方も大変多くおられるかと思います。

そんな方にオススメの「終電あがりができるお店」を具体的に紹介します。

都内で終電あがりできるラウンジはここ

店名で具体的に紹介します。

  • 六本木フュージョンラウンジ
  • 六本木バッドガールズ
  • 六本木方言女子
  • 六本木ニュース
  • 六本木スマイル
  • 六本木リムジンダイニング
  • 数少ないことがわかります。

    このように終電あがりが「OK」といったお店は非常に数少ないものとなっております。

    「面接次第で可能」といった程度のお店はまだ比較的多くありますが、そうはいってもお店からすると終電上がりは好ましくなく、よほどの高い容姿レベルをもっている女性のような欲しい思える人材でないかぎりは、終電あがりの条件はほぼ認められず、採用もされません。

    オススメしたいのは、終電の時間帯からたった1時間でもよいので終電以降の時間も勤務することを検討することです。

    ほとんどすべてのお店において車での送りも用意されています(ただしガールズバーの業種では送りがあるお店はほとんどない)

    会員制ラウンジやキャバクラでは、ラストが1時までとするお店が大半ですので、たった1時間の勤務を検討するだけでお店の選択肢がいっきに広がります。

    Author: vipplus

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です