自信をなくしたキャバ嬢に読んで欲しいこととは?

自信をなくすことは誰でもあります

「この仕事向いてないです」などの愚痴を体験入店の後に聞かされることが時々あります。

おそらく何か嫌なことがあったのでしょう。お客様からの暴言やお触りがあったのかもしれませんし、緊張して全く話せなかったのかもしれません。

気持ちはわかります。

キャバ嬢に向いてる女性なんて、ほとんどいないのが現実です。

今日はそんな風に自分に自信を持てないキャバ嬢に向けての記事です。

誰もが「キャバ嬢」を演じている

素(本来の自分)で接客しても、通常はほとんどうまくいきません。実はどんなに楽しそうに働いているキャバ嬢でもみんな自分を偽りながら仕事をしてます。

つまり女優みたいな感覚です。

本来の人見知りの自分で接客するのではなく、モテる女性を演じてるわけです。

「お客さんの横に座ってお酒をつくって適当にお話するだけ、誰でもできる」

そんな求人の謳い文句をよく見かけますけど、こんなの大嘘です。実はなかなか大変な仕事です。

大変だからこそ昼間のお仕事では考えられないようなお給料をもらえるとも言えます。

他の接客業との違いとは?

「接客業が好きです」と言って、キャバ嬢になる子は多いですが、キャバ嬢の仕事と、他の接客業とは明らかに一線を画すものがあります。

例えば居酒屋やアパレルは、「料理」や「衣類」の対価としてお客様はお金を払います。もちろんサービスも含まれての料金ですが、メインはあくまで「料理」や「商品」です。

これに対してキャバクラやラウンジは接客そのものの対価としてお金を払ってもらいます。

安いキャバクラでも、税金やらドリンク代やら指名料金で1時間1万円くらいは必要です。高級店にもなれば3万円以上も当たり前ですし、銀座の高級クラブだと5万円くらい必要になります。

そしてその大金を払って得られる対価というのが「貴女と過ごす時間」だけなのです。

しかも風俗店のような体を張った接客をするわけでもなく、定価の十倍もする酒を飲み、横に座ってお話するだけです。

少し周りの子より可愛いというだけで、それだけの価値のある時間を提供できますか?

普通に考えたら不可能と思うくらい難しい事なのです。

そして生存競争が厳しいのは、その対価に見合う時間を提供できないと、指名で来店してくれません。指名のない女性は徐々に出勤調整の対象になったり、最悪クビということもあります。

自分自身のままで接客しても、それだけの価値を見出す事は絶対にできない。からこそ
「人見知りの普段の私」じゃなくて、「お客さんにモテる女性」を演じることになります。

売れている子ほど、頭つかって日々試行錯誤しながら、そして失敗も繰り返しながら、努力します。

お客様の支払う金額に見合う接客ができるよう努力することが必要です。

シフトを減らすのはマイナス

「無理のないように、最初はシフトを抑えて慣れてきたらシフト増やしたいです」という未経験の方が非常に多いですが、これは良くないです。

スポーツなどでもそうですが、毎日練習していて、もし怪我をした、風邪を引いたなどの理由で数日連続で休むようなことがあったら、感覚が狂います。

その感覚取り戻すだけでも相当な練習が必要になります。

ナイトワークも同じです。

仕事になれるまで、シフトを抑えるのではなくて、仕事を覚えれるまでは無理してシフトを増やしてでも頑張ることが自分を成長させます。仕事を覚えるまでが一番つらいですが、その辛い時期をさっさと突破するためにも、シフトをたくさん入れるしかありません。

間があくと、前回覚えた内容も頭から抜けてしまい進歩がありません。

Author: vipplus

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です