営業LINEの返信を見極めて無駄なやりとりをカットするコツ

お客様を見極めることが必須

自分を指名するお客様を多く獲得することで、売上を伸ばしていくのがキャバクラだろうがクラブだろうがラウンジだろうがナイトワークの基本です。

お客様にお店に来てもらうためには、日頃の営業が欠かせません。

しかし、中にはいくら連絡をしても反応はするものの、お店に来てくれない人がいます。来店してくれない人に時間をかけてしまうと、効率が悪くなってしまいます。

そこで今回は、LINEのやりとりから指名をしてくれるお客様になる可能性があるかどうか見極める方法をご紹介します。

LINEでの営業が基本

お客様と連絡をとる手段には、メールや電話などさまざまな種類があります。

もちろんメールや電話で営業をしても問題はありませんが、最近ではLINEを使うのが基本になっています。

というのも女の子にもお客様にもLINEを使うメリットがあって、

  • 電話のように相手の時間を長くとらない
  • 相手がメッセージを読んだかわかる
  • スタンプを利用して入力の時間を節約できる
  • スタンプの種類が豊富だからメリハリがつけやすい

時には電話を使う営業の方が効果がある場合もありますが、基本的には上記のような利便性の高さからLINEを営業方法に使うのがベストです。

これは「脈あり」のパターン?

お客様と連絡先を交換して、以下のような返信が返ってきたら今後も指名で通ってくれると期待できます。

例えば出勤の予定を聞いてくれるのがわかりやすいです。

「今日はありがとう。次は何日にいるの?」的なLINEです。ある程度キャバクラでの遊び方を知っている人は、スムーズにやりとりができます。出勤予定日と自分のスケジュールを照らし合わせて予定を立ててくれます。

「いつも何曜日にいるの?」という反応も同じように期待できます。

ご飯に誘ってくれるというのもお客様になる可能性があります。

「今日は楽しかった!今度ご飯でもいこうよ」というLINEは実はお店を使わないで外で会おうとしている可能性もあるので見極めが難しいパターンですが、こちらから先手を打てば問題ありません。

ご飯に誘われたら「嬉しい!今月の出勤は●●~●●日だよ」と出勤する日を伝えましょう。そこで出勤に合わせてくれたら期待大のお客様になります。

反対に出勤ではない日をわざわざ言ってきたら外で会いたいだけですので早めに関係を切った方が良さそうです。

自分の人気度を聞いてくるのもお客様になる可能性を秘めています。

人気度を聞いてくるお客様の多くは、人気者を嫌がることが多いです。せっかく来店して指名しても、あまり話ができないので通う気が失せてしまうのです。

少数派には人気だからこそボトルを入れて独占したいという人もいます。

見極めが難しいので「その日によるかな☆」とあいまいな反応で対応しましょう。

また物足りなさを感じている内容もチャンスです。「さっきはありがとう。もっと話したかったな」的な言い方です。

過ごす時間が足りなかったと相手に思ってもらえたらラッキーです。
「もっと話したい」と思っている時点で、あなたに好意や興味を抱いています。

もちろん外で会いたいという下心がある可能性もありますが、お客様の熱が冷めないうちに、自分から同伴に誘いましょう。乗ってくるお客様は指名客になる可能性が大ですし、乗ってこない場合は外で会いたいだけと判断して早めに切ってしまいましょう。

まとめ

脈ありと脈なしの返信では、わかりやすい違いがあります。脈なし返信の多くは、自分が得することを優先していることが多いです。

自分が得意なお客様のパターンが分かっていれば、脈なしだった人も太客に変化させることができますので、接客スタイルや経験に合わせて対応していきましょう。

なお営業にはLINEを使うのが最近は一般的ですが場合によっては電話を使うというのも有効なようです。
以下の銀座クラブ求人サイトのプレミアムラウンジではLINEが普及した現代だからこその電話の有効活用の方法について説明しています。よろしければ参考にしてください。
たまにはLINEではなく電話で営業するのがコツ?

Author: vipplus

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です